表題(表示)登記とは

例えば、建物が新築されると、今までは存在しなかった不動産が生まれることになるため、新たな登記記録を作成する必要があります。赤ちゃんの出生届みたいなものですね。この登記のことを表題登記といい、登記記録のうち「表題部」の登記がなされることになります。登記記録がまだ電子化されていなかったころは、表示登記と呼ばれていました。

イメージとしては、表題部が登記されることによって権利を入れる箱ができ、その後、その箱に権利を入れていくといった感じです。次のアイコンでいうと、家にあたるのが「表題登記」、家の中の人にあたるのが「権利の登記」です。例えが分かりづらいですかね?

表題部には、不動産の物理的な情報が記録されます。具体的には次の事項です。

表題部記録事項
土地の登記記録表題部建物の登記記録表題部
所在所在
地番家屋番号
地目種類
地積構造・床面積
原因原因
所有者所有者

表題部の所有者は、所有者ではありますが、仮の名義人みたいなものであり、所有権保存登記がなされ所有者の氏名住が登記されると、抹消されてしまいます。

建物が新築されて新しく不動産ができるのは理解できるけど、土地が新しく不動産になることがあるの?と不思議に感じるかもしれませんが、例えば、埋立地を造成したときには、新たに土地の登記記録を作成する必要があります。

この表題登記を専門としているのが土地家屋調査士です。不動産の物理的な状況を登記するので、測量をやるせいなのか、士業の中でもガテン系な人が多い気がします。司法書士と土地家屋調査士は、ひとつの登記記録を一緒に作り上げる間柄なので、両方の資格を有している兼業者も多数います。当職も、独立開業する前は兼業する事務所で補助者やってました。

土地家屋調査士についてご紹介できるほどの知識がないので、興味のあられる方は、日本土地家屋調査士会連合会のウェブサイトでどうぞ。

日本土地家屋調査士会連合会WebSite